上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「赤の他人の後ろにつくこと」


自分はなかなかこれが出来ません。
自分より少し速い人、自分より少し遅い人、どっちでも後ろにつければ
楽に走ることができます。が・・これがなかなかできない。

今日は梅ヶ島まで走ってきて、その帰路で前を競輪選手が走ってます。
このままのペースでは追いつきそう。

といってもそんなに速度差はなく、ボーっとしてるとアッという間に置いてかれる
ペース。

「ここで・・・後ろにつかせてもらえたら超楽やのに!」


といっても相手は競輪選手なんで、後ろにつくのはちょっと怖いんで
10~30mくらい離れてついていきます。

しかしピストでヒルクライムした後でもグイグイ進みます。
ただ登り勾配はやっぱり少し大変そう。


↓赤の他人の後ろにつくことができますか?↓
後ろ_convert_20110410190914.jpg


ずっと後ろについてたけど、相手が手放し運転で上半身のストレッチ休憩
してる間に追いついてしまったんでそのまま追い抜くことに。

抜いてからはもう気にせずガシガシ漕いでいるにも関わらず
20秒もたたないうちに横に人影が。

競輪選手が下ハンダンシングでグワァーッって抜いていきます。

それはまさしく田所先輩・・・
yowamusi53s.jpg


太ってはいませんが、ガタイが良いの合わせて下ハンダンシングは
すごい迫力があります。


「にわかロードの分際でチョロチョロしてんとちゃうで!」

と言わんばかりの走りです。
35kmくらいで走ってたのにあっさり抜かれてしまいました。
まぁ競輪のスプリントを考えると40kmちょいくらいの速度は
かわいいもんかもしれないですが。。

しかしスプリントしたら疲れると思うんで、こっちはまた
ジワジワ迫ってやるぅ~


なんて企んでたら信号。
競輪選手は信号無視して行っちゃいました。



ほほーぅ、絶対追いついちゃる!



青信号になってから猛追開始です!
その差300mくらい。

少しの間猛チャージしてたらなんとか追いつきました。
間に一人、コルナゴに乗ったローディさんがいます。

近付き過ぎたり、抜いちゃったりしたら龍の逆鱗に触れてしまうので

「後ろにまたついてるでぇ~」

の嫌がらせ攻撃です。
しかしこのコルナゴさん、良い位置にいる。

後ろ10m以内くらいにいるんでその後ろについて
隠れつつも猛追した呼吸と足を休ませます。

競輪選手が離れて行ったらコルナゴさんを抜いて付いていく作戦です。

が、競輪選手は後ほど曲がって行ってしまいました。
ただチラチラ後ろを見ながら走ってたんで自分の存在には気付いたでしょう。


「チッ、めんどくさいヤツやわ」


そんなことを思ってもらえたら本望ですが、エンジンが違いすぎるんで
蚊ほども思ってないでしょう。


しかし!!!


自分のただの思い込みとはいえ


何かと勝負するって良いトレーニングになる!


ってことです。
向かい風の中でもいつもよりかなり速い速度で走り続けられた気がします。


ありがとう!競輪選手! (そしてコルナゴさん)


↓最後まで読んで下さって有難うございます。
  更新の励みになるのでよろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
  
コメント

私の地域では走っている人が少ないのでそういう場面になることがありません。
ただ今日は自転車乗りが多かったです。
この時を皆待っていたのでしょうね。
---------- まっくろくろすけ [ 編集] URL . 04/10, 21:43 -----

知人でも他人でも、だらかと一緒というのはペースを引っ張られますよね。

離されちゃいけない、遅いと思われたらいけない・・・、などなど。

それが強くなる秘訣なのかもしれませんね。
1人で走っている間はマイペースの範囲を出ないと思います。

と、分かっていても、なかなか他の人の中へ入っていくのは難しい。
---------- ねこまた [ 編集] URL . 04/11, 00:05 -----
ナイス!トレーニング!
おはようございます。

mossy でございます。

私は、赤の他人に着くのって抵抗があります。
イヤがられるんじゃないかと。。。

でも、一人で走るのと誰か、速い人と走るのは違いますよね。
引っ張られて、力を引き出される感じがします。

今度、私も赤の他人に着いてみようかな!?
「うしろ、着けさせてください。」なんて、言うてみようかしら(笑)
---------- mossy [ 編集] URL . 04/11, 09:16 -----

ガタイのいい人の平地は鬼のようなパワー出すので早いですよ。

しまなみアイランドライドの時、後ろに付いたら向風で37km/h近く出して牽いてくれました。大きいだけあって、登りでめちゃ遅くなりましたけど。
---------- 川中 [ 編集] URL . 04/11, 12:39 -----

こんにちは
いい練習ですね。
私は知らない人には付いて行きません。(良い子だから・・)
付きたいと思うのですが、私が遅すぎて付けれません。
ダラダラ走っている場合は可能ですが、基本チギられます。
前はMTBにチギられました。
よし、付くぞと思ったら緊張して心拍が上がってしまうのですよ。
ヘタレですからねぇ~。

---------- ヒロ [ 編集] URL . 04/11, 17:31 -----

>>まっくろくろすけさん

 まっくろくろすけさんの付近に自転車乗りが多くても
 剛脚すぎてこういう場合にならないかもしれませんね(笑)

 自分もこういうシチュエーションで楽しく勝負できるよう
 練習します!

 
---------- りおう [ 編集] URL . 04/11, 22:40 -----

>>ねこまたさん

 「一人で走ってたらマイペースの域を出ない」

 確かにそんな気がします。
 気楽な半面、切磋琢磨したほうが伸びますよね。

 でも一緒に走る人があんまりいないんですよね・・・
---------- りおう [ 編集] URL . 04/11, 22:41 -----

>>mossyさん


 自分も「後ろつかせてもらってもいいですか?」
 って聞こうかと思うことがよくあります。

 自分なら知らない他人にぴったり張り付かれると
 正直嫌です。

 きっと他の人もイヤなんじゃないかなーと思うんで
 なかなか後ろにつけないんですよね・・
---------- りおう [ 編集] URL . 04/11, 22:43 -----

>>川中さん

 向かい風で37km/hってスゴイですね。
 向かい風の時ほど、誰かの後ろにつきたくなります。

 上半身の筋力も自転車乗りには大事なもんなんですね。
---------- りおう [ 編集] URL . 04/11, 22:44 -----

>>ヒロさん

 自分もなかなか付いていけません。
 結構ついていても千切られることが多いですし。

 自分も一度MTB乗りの親子2人に抜かれました・・・
 自分もがんばって練習します(TдT)
---------- りおう [ 編集] URL . 04/11, 22:45 -----

おはようございます。

 私は基本的に単独走行なので、人の後ろにピタッとくっついて走ることができる技術を持っていないんです。
 ですから、仮に後ろにつけた場合でも、少なくとも5mの間隔を開けているのですが、後ろからつかれた場合、ついつい抜かされないように頑張ってしまいますね。
 でも、早い人の後ろを走ったときも、ついついペースが上がってしまいます。
 やはり、誰かと一緒に走ったほうが、早く走ることができるのかもしれませんね。

それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
---------- たーちゃん [ 編集] URL . 04/12, 06:24 -----

>>たーちゃんさん

 自分もなかなか人の後ろにピタっとついて走ることは
出来ないです。つかれたら・・・マイペースですかね。

やっぱり誰かと走るほうが楽しいですが、
なかなか周りにいないんでソロ走りが多いです。。
---------- りおう [ 編集] URL . 04/13, 23:59 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://cyclecle.blog135.fc2.com/tb.php/196-2a2aef35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。