上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物欲は尽きることがありません!



今回の物欲は、カーボンホイールの
『Campagnolo BORA ONE』

BORA ONE.jpg


あたしゃ、いつかBORAを装着するんが夢でごじゃります!
やっぱディープリムは迫力が桁違い! 超戦闘的ルックになるだわさ!

BORAは兄弟分にTWOがいるけど、2つの違いはハブがカーボン製かアルミ製、
ベアリングがCULT(セラミックベアリング)から通常のものになっているという違い。

ただ2つの実際の性能はほとんど変わらないというのがあちこちの評判!
なのに金額差は約18万くらいの差があるとかどうとか!!

TWOの立場ねぇーなこりゃ(それ言っちゃらめぇぇーぃ


気になるインプレ収集!

 ・風を切り裂いて推進力を得ている感じがする
 ・回せるので、ペダリングがすごく上達したような錯覚を覚えてしまう
 ・振動吸収が良い
 ・スピードがなかなか落ちない
 ・踏み出しは軽く楽にスタートできる
 ・ダンシングでもヨレは全くなし
 ・剛性が高く、入力した瞬間車体が反応しキビキビと動く
 ・ブレーキは非常に効く
 ・スピードの乗りが良い
 ・乗り心地はしなやかでとても楽
 ・上り坂でも後ろから押されているようにどんどん登れる
 ・平地の場合は、中速からスピードが伸びていく
 ・中間加速、高速加速は軽く踏めてより楽に加速できる印象



んな感じ。
ほとんどの人が「このホイールはズルい!!」

と言うほど高性能。
だって高いもんね。

まぁこれクラスを購入するのは当分無い(当たり前)けど、
いつかは装着してみたいと思います!

宝くじ当たらんかのぅ・・


↓参加してます。更新の励みになるのでよろしければポチッとお願いします
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ










スポンサーサイト


物欲は尽きることがありません!


前回は「Fulcrum RACING ZERO」調べてみたけど、
『Fulcrum RACING ZERO』


今回は、アルミリムの最高峰と言われるもう一つ
『Campagnolo SHAMAL ULTRA』

シャマルF.jpgシャマルR.jpg



についても同様、ネット上で評価を拾ってみました。

 ・スポークはG3という組み方
 ・スポークの素材はアルミニウム
 ・本数も共にフロント×16本、リア×21本
 ・登りは回せば回した分だけ前へ進む
 ・下りでも剛性の不安は一切無し
 ・乗り味は硬い素材なんだけど振動なんかの細かい衝撃は吸収した上で伝えてくる、
  というような感じ
 ・回転が良い
 ・振れが出ることもない
 ・ステージレースみたいな総合力を求められるレースに良い
 ・踏んだときのタッチが若干穏やか
 ・スピードの持続性に優れ、1人で淡々と逃げる場合やロングライドに良い
 ・後半に速度が伸びる感覚がある
 ・ブレーキの効きがよくスピードコントロールを行ないやすい
 ・カッチリ感があり、乗った瞬間から重量を忘れるほどの軽さを体感できる
 ・上りや加速の後半で脚が上がりそうになり、ペダリングが荒れてきたときでもトルクを
  掛けやすい感がある
 ・前輪の剛性感はダンシングやスプリントで前荷重になってもスパッとハンドリングが
  決まるので運動性能も高い



大体のブログやインプレを見ても、

 レーシングZERO or シャマル ってな感じです。


 踏み込みに対しての反応が良いレーシングZERO。
 その結果、スプリントやヒルクライムに良く、スピードの変化を必要とする場合に
 良いみたい。反面、硬さがあり、足にきやすいとも!

 一方のシャマルは高速巡回を維持するのが楽との意見が多数。最高のオールラウンド
 ホイールとの評価が!


デザイン真っ赤っかというのも、自分的にはあまり好みではなく、
自分の愛車にはやはり黒地に白と赤というカラーリングが良く、
且つ、平地大好き派としてはここはシャマルです。

・・・


・・・

え?



何アンタ選んじゃってるの!?


なんかどうせいつかホイールはGETしようと思ってたし、
ポンド安いし、シャマルもwiggleさんで割引してたし、
タイヤとか買うついで(ついでで買うものか!?)やったし


云々・・・・



ポチッm9



まぁ買っちゃったものは買っちゃったんだよ!


↓参加してます。更新の励みになるのでよろしければポチッとお願いします
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


物欲は尽きることがありません!


ロードバイクのカスタマイズにおいて、もっとも走りの性能に直結するのが
ロードバイクと言われてます。


前回はカーボンホイールとアルミホイールの違いを調べてみたけど、
『ホイールほすぃぃ』

自分はやはり、アルミリムのホイールが今は欲しいという結論に至りました。

というわけで今回は、アルミホイールの最高峰について調査です!


『Fulcrum RACING ZERO』

FULCRUM RACING ZERO.jpg


 ・スポークは2:1という組み方
 ・スポークの素材はアルミニウム
 ・本数も共にフロント×16本、リア×21本
 ・ダンシングの加速では、横方向に力が逃げない、まるで無垢のかたまりの
  ホイールに乗っているかのような、わずかの無駄をも出さない加速が味わえる
 ・10,000km乗ってもフレが出ない
 ・高速巡航よりもヒルクライムでイケる
 ・踏み出しの軽さはトップクラス
 ・ダンシングの力をそのまま推進力に換えてくれる
 ・インターバル的な走りが要求されるコースや、ヒルクライムに向いている
 ・ホイールが縦や横にぶれる感覚がなく、キレイな円を描いて真っすぐ回るので
  一体感がある
 ・高出力、高回転どちらの走りでもスムーズに加速できる
 ・下りから上りの踏み返しではスピードの落ちが少ないので、細かなアップダウンがある
  コースは得意
 ・初期加速はいい
 ・スカッと加速する踏み出しの軽さが際立つ
 ・高速コーナーでも踏ん張りがきく


そんな感じでしょうか。
もう少し調べて情報を拾ってたけど、保存時に何故か消えてしまって↑は再調査結果。
めんどくさくなって、ここで終了です。

やっぱりイイもんは(・∀・)イイ!!みたいね


↓参加してます。更新の励みになるのでよろしければポチッとお願いします
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ








 やっぱ自転車に乗ると、走りの性能に一番直結すると言われる
ホイールに興味がいくのは至極当然のこと!


しかし初心者の自分には良く分かんないというわけで、
ホイールのことを勉強してみます。

★アルミホイール
 ・比較的安価
 ・比較的扱いが気楽
 ・カーボンより重い
 ・カーボンよりも振動減衰性が劣る



★カーボンホイール
 ・軽量
 ・振動減衰性が高い
 →ディープリムのホイールであっても重量はアルミとあまり変わらないため、
  平地に強いディープリム、且つ軽いのでヒルクライムにも(・∀・)イイ!!
  ようです。

  ちなみにリムが高いディープリムだと、リムが高い分、空気をかきまわすスポークの
  長さが短くなるし、リムの縦剛性が高くなる分、ホイール全体の剛性を確保し易いので、
  さらにスポークを減らして空気抵抗を軽減できるようです

 ・雨の中ではブレーキの利きが悪くなりやすい
 ・リムの減りが早い
 ・専用のブレーキパッドが必要
  →アルミ用ブレーキパッドでは、長い峠の下りなどでは、カーボンリムの発熱に
   耐えられない場合があるみたい



てなわけで、カーボンは性能は良いけど高くって、扱いはシビア、
つまり決戦用って感じ。

アルミはカーボンには劣るけど、比較的使いやすいみたい。

自分はとりあえずアルミでなんか良いの探してみることにしよう。
カーボンは・・・憧れで現状は留めておきます。

次回、アルミのホイール調査!



↓参加してます。更新の励みになるのでよろしければポチッとお願いします
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。