上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ASSOS Air block Jacket 851 を先日購入し、2週間くらい前に到着しました。

ホントはこの冬、ウエアを購入することは諦めてたけどWiggleで他に欲しいものが
あったので以下の理由も考慮して合わせて購入しました。

 1.来シーズンに購入、といっても為替の都合で今より安く買えるとは思えない
 2.冬用ウエア(ただの私服)だと、着心地が悪い
 3.冬用ウエア(ただの私服)だと、ジッパーの返しが無く首やアゴが擦れて痛い
 4.少し暖かくなってきた時に半袖ジャージしかないので着るものが無い
   →自転車用なら前を開けて温度調節が出来そうだが、冬用ウエア(ただの私服)だと
    それも素材やデザイン的に厳しい

資金はカミさんに借金し、月々の小遣いや2月の出張手当を見込んで分割返済です。

さて、それでは高い買い物をしたので、良いものだ!と思いたいところですが、
自分なりに冷静に分析してみます。


【デザイン】

 限定モデルも捨てがたかったのですが、赤の綺麗な発色に心奪われ赤にしました。

↓Wiggleでの画像↓
本命.JPG

↓対抗馬↓
対抗馬.JPG


なかなか綺麗な赤です。

さて、到着したウエアはというと。

↓フロント↓
DSC_0027_convert_20110214223517.jpg


↓リア↓
DSC_0029_convert_20110214223536.jpg


↓拡大↓
DSC_0030_convert_20110214223552.jpg


ジャケット前面に施された風を通さないという素材部分である銀色のところが、
赤いとこや黒いところがメッシュになっているので透けて見える。

黒いところならまだしも、赤いところだとなんか変な光沢になってしまって個人的には
 ・戦隊ものの中心キャラであるレッド!のコスチューム
 ・大型バイクに乗る人が着るモコモコしたバイク用ジャケット
を思わせます。


正直これは完全に_| ̄|○ il||liガックシ・・・って感じです。
限定もののオレンジにしておけば良かった・・・

ちなみに防風素材が施されていない裏面は、それはそれは素敵な赤色になってます。
そう・・・まさしく裏面はWiggleの画像にある赤そのものです。

(全部その赤色とちゃうんかい m9っ`Д´) ビシッ!! とツッコミいれたいDEATH!)


さて、個人的感想はおいといて、デザインとして気付いたのは以下の通り。

 ・首元のアソスのマークが入った部分、袖にもマークがありこのあたりは
  個人的にオシャレではないかと高評価
 ・袖が若干長いが、自転車に跨った前傾姿勢においては短すぎず長すぎず丁度良い
 ・腹より腰部分のほうが長く、同じく前傾姿勢においては丁度良い
 ・背面の腰部分に3つに分かれたポケットが付いており、そのうち右側には
  もう一つ小さなチャック付きポケットがあるので小銭や鍵を入れておける収納がある
 ・背面の腰部分中央にリフレクターが付いており、夜間走行に若干の安心感アリ
 ・腰や袖部分がゴムで締まっているので風が入りにくい
 ・ジッパー部分に保護と保温的な役割を果たすであろう部分が付いている(
  表現が下手ですいません)のでジッパーが直接肌に当たらない

前面の赤の色合いが自分としては気に食わなかっただけで、
それ以外はかなりイイ感じです。



【着心地】

前面の防風素材のところは、思ってた以上に厚みもありしっかりした作りになってます。
悪く言えば少しゴワついているような感じです。
が、全般的に柔らかくて伸縮性がかなりあり、袖や脇部分がタイトであるにも関わらず、
キツくて苦しいとかそういうことはありません。それ以上にしっとり吸いつくような感じです。
生地の肌触りも良く「デザイン」のところで書いたように、ライディングポジションに
おいては袖や腰部分もきっちりフィットするような感じです。

というわけで着心地については全くの不満無しです。



【防温・防風性能】

この「Air block Jacket 851」は風を防ぎつつ、背面から通気性を確保し蒸れない!
と下調べでは評判でした。

さて、防温という意味でいくと背面の通気性がかなりあり、走り始めは
脇の辺りがスースーして寒いですが、走ってしばらくすると暖まるので寒さもなく、
一方で蒸れもほとんど感じません。防風性能といえばウリの前面素材により
風がジャケット内をスースーするということはありません。

ただ下りの距離が長くなってくると、やはり背面の防風素材が無い部分(脇の辺り)から
風が少し侵入してきます。とはいえ平地や下りでも距離が短かったり、傾斜がよほどキツく
なければそんなに寒くはならないと思います。

ちなみに今回寒く感じたのは全長13km程度の下りでアイス食った後でした。
しかも風が侵入したとはいえ、脇・腕あたりが寒いだけで全体として激寒では
ありませんでした。

背面の通気性部分はマイナス要因なのかよっ、って気もしますがジャケット単独に
おいてこの背面素材のおかげでイヤな蒸れはありませんでした。

ということでまとめると、ジャケット単独においてはこれでいいんじゃないか!
と思います。

あっちをとればこっちを捨てる(防温と蒸れ)、みたいな感じで両方を完璧な割合で
兼ね備えることはきっとかなり難しいことだと思います。

下りやかなり風がキツイ、もしくは気温が低いときにはきっと別途丸めて収納できる
ウインドブレイカーを部分併用することでかなり気持ちよく走れると思います。

後はインナーの工夫でしょうか。
せっかく背面の通気性があっても蒸れる感じ、汗が冷たく感じる場合はきっと
インナーのせいです。

ということで下調べ時に見ていた、もう兎にも角にもこれがあれば何でもござれ!
どこでもこれとインナー一枚でOK牧場!

ってほど夢のようなどんなシチュエーションでも超快適ジャケットではありませんが、
きっと高度なレベルで防温・通気性の融合が出来ており、確かにこれとインナー一枚あれば
12月~1月以外の冬はほぼ対応はできる感じがします(in静岡)。

12月~1月の特に寒い時期はインナーの調整(重ね着したら暖かくなったが蒸れた)や、
ウインドブレイカーやアームウォーマーといったオプション併用できると愚痴も出ないくらい
快適に過ごせるような気がします(自分は持ってませんが)。


【コストパフォーマンス】

コストパフォーマンスは人それぞれなんでなんとも言えませんが、
確か2万2千円くらいで買いました。

個人的に冬用ジャケットで出せる金額のMAXくらいでしたが、国内価格からすると
1万円くらい安いんじゃないでしょうか。

今回感じたこのジャケットの性能からすると、もちろん住んでいる地域によりますが
12月~3月くらいまで活用出来るんじゃないかと思ってます。
頑張れば11月~4月(ちょっと暑いかも)。

まぁ年の3~4ヵ月活用出来て、きっと最低5年くらいは使える気がしてます。
22,000÷5で年間4,400円。年4ヵ月活用なら月1,100円。
年間4,400円を12ヵ月で割ったら月約370円。

月あたり、ちょっとコーヒーなり、タバコなり我慢すればいい金額です。

寒さで外に走りに出かけることが億劫になって、機会損失するよりは
良いのではないでしょうか。

最近自分はナイトライドでも活用してるので、まだ我が家の大蔵大臣に借金が
残って肩身は狭いですが、良い買い物だったと思ってます。


↓最後まで読んで下さって有難うございます。
  更新の励みになるのでよろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。